大切に育てていきたいメインプロジェクト(1)

昨年(2017年)の一番大きな収穫は、大切にすべきプロジェクトを集約できたことだと思っています。

ちなみに、これらのプロジェクトはWorkFlowyで管理しています。

現時点のトップ画面が、こちらです。

f:id:Kriya:20180105122039p:plain

「イヤープロジェクト(プロジェクト*2018)」を基点に、「QOL(Quality of Life)プロジェクト」「知的生産プロジェクト」「100年ライフ・プロジェクト」。

これらメインプロジェクトを大切に扱っていこうと決めたことで、フラフラしていた気持ちはかなり落ち着きました。

ここに至る「節目」と感じている出来事をカンタンにふりかえってみると、こんな感じになるでしょうか。

  • 旧アカウントを削除し、Twitterアカウント(クリヤ)を新たに取り直した(2014年8月初旬)
  • タスク管理アプリ《たすくま》を使い始めた(2015年3月初旬)
  • 倉下忠憲さんのメルマガの購読開始(2015年5月頃)や、段差ラ部の夏合宿への参加(2015年7月下旬)がきっかけで、タスク管理を含めた知的生産系のフォロワーさんとのつながりが一気に広がった。同時にWorkFlowyを使い始めた。

あれから3年半が経過し、無事2018年を迎えました。

昨年前半(2017年)は、リンダ・クラットンさんの話題作『ライフ・シフト』の影響もあったのか、わたし自身「後半生を充実して過ごせるよう、何かテーマを見つけなければ」という半ば焦りにも似た気持ちがありました。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

そんななか、昨年9月11日、WorkFlowyにトピックを立てて、発作的にスタートしたのが「100年ライフ・プロジェクト」です。

きょうはここまでとし、続きは日を改めてお話しさせていただきます。

今週のまとめ:第52週(2017/12/24〜12/30)

2017/12/24(日)

倉下さんが構想中の「知的生産技術の案内所」について、イメージをお伝えしました。久しぶりにアクセスしてみたら、Scrapboxの使い勝手がかなり向上していたもので。 「知的生産の技術」をどのように体系化するか、はハードルが高めな印象です。

2017/12/25(月)

結局、解説がわかりやすく、1日1ページ方式の「くもん式」の単元別ドリルを購入して、姪に送りました。中学二年生は「一次関数」ですが、これが苦手ということで、中学一年生の「正比例/反比例」をプラス。手紙には「正比例から始めてね〜」と添えて。

ちなみに、このTweetは、個人的ツイートラインキングの第一位でした!

2017/12/26(火)

このブランドは、ずっと気になっていたんです。「世界に一つしかないデザイン」というのが売り文句で、この日は「在庫」を全部見せてもらって、このデザインに決めました。決め手は薄いピンクとグリーンのカラーリング。ちなみに、地図はパリです。

2017/12/27(水)

Lyuさんとは今年6月にリアルにお目にかかっているので、やりとりは比較的ラクですが、やはり他人様が描いてくださったものに対して、こちら側の意向を適確に伝えるのは、ハードルが高い作業です。顔イラストは、再開したFacebook(非公開)で使わせていただく予定です。

2017/12/28(木)

こういうお問い合わせ、うれしいです。ぷーあるちゃさんの雪かきタスクが、少しでもラクになりますように。

2017/12/29(金)

12月17日(日)に参加した「TaskFreaksの忘年会」で、ひばちさんとせんりさんが使っているのを見せていただいたのと、そもそも、この夏、同じくTaskFreaksの2回目のワークショップで、イドさんがAppleペンシルを実演してくれたのがきっかけです。9月以降、キーボードでの入力作業の増加に伴い、ノートパソコンを携帯する頻度が増えてきましたが、荷物の重量アップが悩みの種でしたが、iPadProに切り替えられるので身体にかかる負荷も軽減できそうです。

2017/12/30(土)

ふりかえると、「野望の会」に参加した9月から、いろいろなことが動き始めて年末にいたります。「野望の会」は参加することに価値があるイベントだと思っています。

今年も最終日になりました。 昨年末、「年次レビューをやってみたい」という思いからこのブログを開設しました。「始めたからには毎週1回は更新しよう」と思い、ツイートを素材にあくまでも自分用のログとして週次レビューを続けてきました。おかげで52週、続けることができました(皆勤賞!)。読んでくださった皆さん、ありがとうございました。なかでも、るうさんは、更新したタイミングでリツイートしてくださるなど、継続の励みになりました。

この週次レビューのスタイルは、ここで一旦、取り下げることにします。

理由は、自分の予想以上に、時間がかかってしまっているから。 もちろん、やり方(更新タスクの手順を細分化するなどして)をたびたび見直してきましたが、「書いていて楽しくない」「もっとリラックスが必要なのに、週末の必須タスクになっていて精神的にも負担が大きい」ということを自覚し、決めました。

このフォーマットを取り下げるに至ったのは、倉下さんの「アドベントカレンダー企画」に参加したのも契機になりました。お薦め文具について語る記事で、通常の10倍のアクセスをいただいたのです。書いていて楽しかったのと、皆さんのレスポンスも多くいただけたので、「方向性を変えよう」という思いはさらに強くなりました。

ブログの更新は、続けていきます。わたしは、どうしても手(気)を抜くのが苦手な性分なので、もう少しライトに、自分の書きたいことを書いていこうと思っています。

この一年、この週次レビューにお付き合いくださった皆様、ありがとうございました。 来年もよろしくお願いいたします。

今週のまとめ:第51週(2017/12/17〜12/23)

2017/12/17(日)

「静かに」進み始めている感触があるからこそ、その先を信じられる。この感覚をずっと求めていたような気がします。

2017/12/18(月)

今年の後半は、読みたい本を手当たり次第にダウンロードして、途中で放り出す、という有様で、じつは反省しきりなのです。繰り返し読む本を決めて、日々手に取ってブログやTwitterなどのアウトプットに活かす、小鳥遊さん流の読書スタイル。なるほど、と思いました。

2017/12/19(火)

水曜は休みをとっていたので、ZOOMで友人とおしゃべりを楽しみました。本当に便利な時代に生きているなぁ、と思います。姪とは、メールのみのやりとりですが、最近、彼女はiPadを使い始めたので、ZOOMを使ってもいいかもしれません。

2017/12/20(水)

Steve_Nishiharaさんの意味深なTweetに思わず反応してしまいました。 改善したいこと(とくに睡眠)は明確にありますが、これが思うようにいっていません。毎朝、ログを眺めては「きょうもまた同じことを繰り返している自分」が情けなくなる日々。

2017/12/21(木)

朝のシャワータイムは、無意識下で、きょう一日のスケジュールや、やることを考える時間として使っている模様。今回、これを再認識しました(即座にメモできないのが難点ですが)

2017/12/22(金)

再起動して通常どおりに戻りました。すでに後継機も購入済み。旧iMacに格納していたデータは、すべて外付ハードディスクに移設しているので、いつ寿命がきてもかまわない状態ではあります。

2017/12/23(土)

今回、倉下さんが主催したアドベントカレンダー(お薦め文房具)に2回エントリーし、このブログのアクセス数が飛躍的に伸びたことも、このTweetの背景にあります。 「知的生産の技術」をどんな切り口で整理していくのかが最重要のポイントになるわけですが、Scrapboxで展開中の「『ライフハック大全』オンライン読書会」の取り組みは一つの布石になりそうな気がします(Scrapboxへは、冬休みに書き込みます)

A5のレポートパッド(7㎜)

きのうに続いて、倉下さん主催の《よく使っている文房具を紹介しまくる Advent Calendar 2017》にエントリーしました。

ご紹介するのは、職場で使っている A5のレポートパッド(7㎜)です。100円均一のダイソーで買いました。

f:id:Kriya:20171217133323j:plain

今年は、デジタル〜アナログメモの使い分けに試行錯誤を繰り返した一年でしたが、職場でのメモスタイルは、このレポートパッドに落ち着きました。

紙質とシャープペン(uni ball スタイルフィット 3色ホルダーで使用中)の相性が良く、書きごこちの良さも気に入っている理由の一つです。

使い方のポイントは、次のような感じです。

  • 1タスク1シートに記入する(※使っている筆記具はこちら)。タイトル欄にはプロジェクト名を記入する。用件が完了したらシートを破棄する。

  • 月次ルーティン、重要なタスクには付箋を付けて管理する。追記したいことがあれば書き込む。

  • このレポートパッドは、デスクのセンターの薄い引き出しで保管する。

これを機に、このレポートパッドを自宅用にも揃えてみましたが、まったく使いこなせていません(ふ〜む)。

今週のまとめ:第50週(2017/11/19〜11/25)

2017/12/10(日)

地元・氷川神社で行われている「大湯祭(十日市(とおかまち))」に、母、妹、姪と4人で出掛けました。小中学生だった頃は恒例行事で、毎年訪れていました。商売繁盛を願う「熊手」の種類の多さに、改めてびっくり。動物のマスコットを細工したり、あえてシンプルなデザインにしたり、それぞれの店がデザインで競っていました。

2017/11/20(月)

色々な種類のタイマーをお使いの「たすくま仲間」の泉さんに、購入検討中の「無印良品キッチンタイマー(ダイヤル式)」の使い勝手についてTwitterで訊いたところ、一目で比較できるよう、動画で撮影してリンク先を送ってくれました。ご親切をありがとう!

2017/12/11(火)

毎年この時期の楽しみの一つ、「しいたけ占いの2018年上半期」のレポートが公開されました。まずは、テキストをWorkFlowyに取り込みました。 年末は、これを熟読しつつ、来年がどんな一年になるのか、どんな一年にしたいのかについて思いを巡らせる予定です。

2017/12/12(水)

Twitterのチェックは朝の時間帯がほとんどなので、毎朝、挨拶するフォロワーさんがラインナップしています。このタイムラインを、勝手に「長屋」と呼んでいますが、Twitterを始めたばかりの頃は、こんなコミュニティができるとは思いもよりませんでした。長屋暮らし、バンザイ!

2017/11/23(木)

千葉雅也さんのTweetはTweetDeckで単独でコラムを立ててチェックしています。 とくに知的生産についての自身の試行錯誤を率直にTweetされているので、刺激をもらっています。タスク管理もそうですが「完璧をめざさない」「こだわりをヨコに置く」は、常に肝に銘じたいところ。

2017/11/24(金)

この特集に寄せられたリスナーからの質問にリアリティが感じられて、耳をダンボにしてradikoタイムフリーで聴取。耳新しい情報はありませんでしたが、「睡眠は休養やエネルギーをチャージする時間ではない。もっとも少エネルギーで過ごせる状態のことを指す」といった主旨のコメントが、一番刺さりました。

2017/11/25(土)

キーボードも、パソコンも、じつはわたしの中では「文具(筆記具)カテゴリ」

f:id:Kriya:20171223115627j:plain

uni ball スタイルフィット 3色ホルダー(クリア)

倉下さん主催の《よく使っている文房具を紹介しまくる Advent Calendar 2017》にエントリーしました。

ご紹介するのは、uni ball スタイルフィット 3色ホルダー(クリア))。2012年頃から愛用しています。

f:id:Kriya:20171216130059j:plain

気に入っている点は、次の2点。

  1. ボディの握りごこち
  2. ボディが透明でインクの色や、減り具合が見える点

1については、ペンクリップの無いデザインがとくに気に入っています。 ペンの持ち方にクセがあるため、ペンクリップが付いているとクリップ部分が持ち手に当たって書きづらく、作業に集中しづらくなるという理由から。

ペンホルダーに入れているのは、シャープペン、ベビーピンク、スカイブルーの3種です(いずれも芯の太さは0.5㎜)

f:id:Kriya:20171216130102j:plain

スタイルフィットは価格が手ごろなので、好きな青系のインク(3色)を入れたものと、2タイプを使い分けています(こちらの記事「スタイルフィットのホルダーに3本同じ色のリフィルを詰めてみる」を参考にしました)。

ペンケースは、パイロット kuru・mari(くるまり) ペンシースシングル ポピーオレンジ を愛用中。革の柔らかい質感と、気分を明るくしてくれる色味が気に入っています。

ちなみにケースの中身はこんな感じです。

f:id:Kriya:20171216130104j:plain

今週のまとめ:第49週(2017/12/04〜12/09)

2017/12/03(日)

泉さんとの会話を通して、ひとつの考えを自覚することができました。

わかりやすく整理してみると、こんな感じになります。 - 心理テストや性格診断の類は、「現状の自分自身の把握」に有効。 - 診断結果は、その人の置かれた環境によって変化するという仮説を立てている。よって、診断結果から、その人の置かれた状況を読み解くことができるのではないか? - 「診断結果を受け入れづらい」場合は、自分の置かれた状況を見直す機会なのかも? - 四柱推命の命式と、性格診断を組み合わせると有効に活用できそう。

この考えに影響している出来事は三つあります。 1. この夏休みから進めている姪(中学2年)の勉強のサポートで使ってみた「エニアグラム」。 2. やなかえつこさんによる「四柱推命プチ鑑定」。姪の命式(四柱推命)にもとづいて「エニアグラム」の診断結果を見直してみると、彼女の「楽観主義、芸術家(エニアグラムのタイプ)」がまったく違って見えてきたのです。「これは深い!」と思いました。 3. 平野啓一郎さんが提唱する「分人」という考え方。

その人が生まれ持って宿している根本的なエネルギーと、表面を覆っているエネルギーの双方を感じとりながら、本当に必要なコミュニケーションをとって、一緒に成長できたらと思っています。

2017/12/04(月)

12/16(土)にエントリーしてみました。

2017/12/05(火)

上記(12/4分)で紹介したやなかえつこさん(四柱推命鑑定士)のブログに、体験談を取り上げてもらいました。命式(バースデーチャート)を作って視覚的に、その人の素質や特長(持って生まれた運)や運気の流れを把握することで、物事を客観的に捉えられるようになる。占いを“一つの情報”として扱い、これを自分で活かしていく。この方法は「有り!」だと思っています。

2017/12/06(水)

「最初からパソコンで絵を描くことに挑戦的だった。“10年間で普通の人の鑑賞に耐えるような絵を描こう”という長期目標を立て、堀内さんは少しずつ技術を身につけていった」と堂々と語る堀内さん。10年、長期目標を立てること。刺激をもらいました。

参照:堀内辰男さんのブログ「堀内辰男のエクセルで描くパソコン画」

2017/12/07(木)

この記事を読んで、「わたしはPDCAの大切さをアタマでわかっているけれど、苦手かもしれない」と思いました。週次レビューも3週間、中座したままです(苦笑)

2017/12/08(金)

通信やコミュニケーションが滞る状況が起こりがちと言われる「水星逆行時期(12/3〜12/23)」にふさわしいトラブルが発生しました! 2010年2月に使い始めたiMac(21.5インチ/2009年型)が再起動しなくなったのは、12/7(木曜日)早朝。付箋に書き留めて、常に目にとまる場所に貼付していたにもかかわらず、「画像データをGoogleフォトに移設する」というtodoを先送りし続けてきたことを激しく後悔しました。

2017/12/09(土)

こんなに時間がかかるとは思いませんでしたが、結果的に、不幸中の幸いでした! 計6名のAppleサポートスタッフとのやりとりでは、《たすくま》のメモ欄に残した作業ログ(写真、文字情報)、Bose Revolve SoundLinkが大活躍。Magic Keyboadも有線版を持っていて正解でした。

f:id:Kriya:20171210215251j:plain

以下:小林さんの返信にもあるように、必要なデータは外付HDDに待避させ、不要なアプリは削除したことでハードディスクは軽くなって快適になりました。

外付HDDに保管したデータ類の整理がまだ残っていますが、まずは一件落着。お騒がせしました。